コーヒーの味わいを知る。

《コーヒー豆挽き目別》ハンドドリップの淹れ方解説。挽き方ひとつで味わいも変わる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ハンドドリップはコーヒー豆の挽き目によって淹れ方を変えよう

コーヒー豆の挽き方には主に、

  1. 粗挽き
  2. 中挽き
  3. 細挽き

の3種類があります。

その他にも、中挽きと細挽きの中間に中細挽きがあったり、用途によって様々な挽き方があるのです。エスプレッソでは極細挽きの挽き目も使用します。

 

ハンドドリップコーヒーは、淹れたいコーヒーの味わいに合わせて挽き目を変えると良いです。なぜなら、コーヒー豆は挽き方によって成分の出方が変わるためです。

 

今回はコーヒー豆の挽き目別に、ハンドドリップの美味しい淹れ方を紹介します。

 

粗挽きはコーヒー豆を多め、クリーンな味わいを作る

まず、粗挽きについてですが、クリーンで雑味の少ないコーヒーを淹れるのに最適な挽き目です。

 

粗挽きは、文字通り粗く挽くためにグラインダーを通した後のコーヒー豆一粒一粒が大きくなります。グラインダーのメーカーによって変わりますが、挽き目はだいたいザラメくらいの大きさになります。

 

粒の大きな粗挽きの場合、成分が溶け出すスピードが遅くなるため、雑味が抽出されづらいといったメリットがあります。

 

雑味はハンドドリップの時の抽出時間が長くなるほど、多く出る傾向があります。粗挽きであれば、雑味が溶け出す量とスピードを抑えることができるのです。

 

ただ、成分が溶け出るのが遅いため、抽出不足となってしまう恐れがあります。

 

粗挽きの挽き目でコーヒーを淹れたとき薄く感じたら、コーヒー豆の量を3g刻みで増やしていきましょう。コーヒー豆が3g増減すると、味覚レベルで味わいの変化を感じてきます。

 

豆を増やした分だけ抽出される成分も多くなるので、美味しい濃度感を補うことができるのです。

 

中挽きはオーソドックスな淹れ方で、バランス良い味わいを楽しむ

中挽きのコーヒー豆は、オーソドックスな抽出方法でコーヒーを楽しめます

 

一般的なコーヒー豆は中挽き~中細挽きで提供されることが多く、ハンドドリップに最も適している挽き目といえます。紹介されているハンドドリップのレシピの多くは、この挽き目であることがほとんどです。

 

中挽きは、オーソドックスなハンドドリップレシピで、コーヒー豆の成分がバランスよく抽出される挽き目です。

 

例えば中深煎りのブラジルを中細挽きでハンドドリップした場合、適度なロースト感と良質な苦みを感じつつ、ブラジルならではのナッツのようなフレーバーも楽しめる。それでいて質感も重すぎない。ハイエンドなグアテマラであれば複雑な香味も表現できる。そんなイメージです。

 

粗挽きでコーヒーを淹れた場合、淹れ方によっては

  • 質感が軽すぎたり
  • フレーバーは感じるけど水っぽい

などの状況になりやすいです。

 

ハンドドリップに慣れるまでは、中挽きから始めた方が良いかもしれません。

 

細挽きは短い抽出時間で、濃いコーヒーを楽しむ

細挽きのコーヒー豆は、成分が抽出される量や速度が速くなります。短時間で多くの成分を引き出すのに最適な挽き目です。

 

いつものハンドドリップよりも濃いめのコーヒーが飲みたい時は、細挽きの挽き目がおすすめです。

 

淹れ方のポイントは、雑味を防ぐために短時間でハンドドリップを行うこと、です。使用するお湯の量をいつもの3分の2にするなど、少なくすればハンドドリップを短時間で終わらせることができます。

 

気分を変えたい時や気合を入れたい時に試してみてください。

 

 

コーヒー豆を挽く時のポイント

お家庭にコーヒーミルやグラインダーがある方は、次のポイントを試してみてください。少しの工夫でいつものハンドドリップコーヒーが美味しくなります。

 

手挽きミルはゆっくり挽くと香り高いコーヒーに

手挽きのミルでコーヒーを淹れるときは、なるべくゆっくり挽きましょう

コーヒーミルをゆっくり挽くと、

  1. 挽いた時の粒度が均一になりやすい。バラツキがなくなる。
  2. コーヒー豆に摩擦熱が加わらないため、香りが逃げない。

などの効果があります。

 

特に、コーヒー豆は熱に弱いです。

グラインダーなどで強い力が加わったときの摩擦熱により、香りが飛んでしまう可能性もあるのです。

 

手挽きのミルであれば、回す速さをコントロールできるので、香りを逃がすことなくハンドドリップできます。

 

コーヒー豆を冷凍すると均一に挽ける

コーヒー豆はグラインダーなどで挽く直前まで冷凍しておくと、より均一に挽くことができます。挽き目を揃えることで、よりクリーンで、コーヒー豆本来の甘さを引き出すことができるのです。

 

コーヒー豆は冷凍することで、硬さが増します。豆の中に微量の水分が含まれているからです。

 

柔かいクッキー(カントリーマアムとか)を割るとボロッとくだけますが、硬いせんべいを割るとパキッと割れます。そんなイメージです。

 

また、冷凍状態であれば、微粉を飛ばすことなくコーヒー豆が割れるため、粒度が均一になるのです。

 

結構びっくりするくらい変わるので、お試しください。ただ、コーヒー豆は結露すると水分を吸ってしまい香味が失われてしまいます。必ず冷凍庫から出したらすぐに挽きましょう

 

コーヒー豆は焙煎度合いによって挽き目を変えよう

コーヒー豆は焙煎度合いによって内部の状態が変わっていくため、成分の溶け方も変わってきます。

焙煎度合いが深くなるほど、

  • 体積が大きくなる
  • 密度が低くなる
  • 重さが軽くなる
  • 含まれる成分が変わる

などの変化が起きます。

 

まったく同じハンドドリップのレシピで抽出する場合は、焙煎度合いによって挽き目を変えると、より美味しさを引き出すことができるでしょう。

浅煎りコーヒー豆は少し細めに挽く

浅煎りのコーヒー豆は、深煎りに比べて密度が高い傾向にあります。そのため、成分の出方が遅く、溶け出しにくいのです。

 

成分をより良く抽出するため、浅煎りコーヒー豆は挽き目を細くしましょう。そうすることで、深煎りコーヒーと全く同じハンドドリップのレシピでも美味しく淹れることができます。

 

ご家庭にグラインダーやミルがある場合は、少しずつ調整しながらベストなポジションを探してみてください。

 

まとめ

ハンドドリップコーヒーは挽き目によって淹れ方を変えると、ベストな味わいを引き出すことができます。まとめると、

  • 粗挽きはクリーンな印象のコーヒーを淹れられる挽き目
  • 中挽きはオーソドックスで使いやすい挽き目
  • 細挽きは濃いめのコーヒーが飲みたい時におすすめ
  • 手挽きミルはゆっくり挽くとコーヒーの香りを逃がさない
  • コーヒー豆は冷凍すると均一性が高くなる
  • 浅煎りコーヒー豆は少し細めに挽くと吉

コメント

コメントを残す

*