【 カリタウェーブドリッパー 】浅煎りにおすすめ!

濃度感が出しやすい台形型ドリッパー

断面が台形型をしているこのタイプのドリッパーは、お湯をかける範囲を広くすると抽出効率が高まり濃度を出せます。

逆に、お湯をかける範囲が狭ければ、スッキリめなコーヒーを淹れることもできます。

つまり、お湯を全体に広くかければ濃く、狭い範囲でかければ薄くなります。

 

浅煎りコーヒーにおすすめ!

浅煎りのコーヒー豆は密度が高く硬いため、深煎りと比べると成分の出具合が悪い傾向があります。

この台形ドリッパーを使用すれば、そんな浅煎りの豆でも効率よく成分を引き出すことができます。

特に” カリタ ウェーブドリッパー ”はおすすめです。

 

 

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51UEKOwFu6L._SL1000_.jpg

〔 特徴 〕 

・難易度:★★★☆☆

・コスト:★★★☆☆

・おしゃれ度:★★★★☆

・こだわり度:★★★☆☆

ドリッパーの底が平らで、小さな丸穴が3つ空いています。独自形状のペーパーフィルターを使用します。

 

ポイントその1

抽出効率が高く、濃度感が出しやすい台形ドリッパー。お湯のかけ方で濃度や味わいが変化します。コーヒー全体にお湯をかければ濃度が濃くなり、成分抽出の難しい浅煎りコーヒーにおすすめです。逆に中心のみにかければ濃度を抑えられます。

 

ポイントその2

カリタウェーブは底が平面のため、ドリッパー内のコーヒーの高さが一定になります。これにより、均一な成分抽出ができます。

また、この形状が均一な蒸らしを可能にしており、誰でも扱いやすいのです。

 

使い方のコツ 

 ペーパーフィルターが分厚く、ペーパー臭が強いです。抽出前にペーパーフィルターにお湯をかけ、臭いを取りましょう。お湯のかけ方で、味わいをコントロールできます。ハンドドリップの練習にもおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です