ハリオ V60徹底解剖!大人気ドリッパーのメリット・デメリット。

大人気ドリッパー『ハリオ V60』を徹底紹介

大人気ドリッパーを徹底解説します。

ドリッパーをお探しの方は、まずこのドリッパーを目にするのではないでしょうか。多くのコーヒーショップでも使用されており、プラスチックや陶器、金属性などなど、商品ラインナップも豊富です。円錐形ドリッパーの王道とも言えるハリオ V60ですが、実は難易度は高めです。今回はこのドリッパーの特徴を徹底解剖し、美味しい抽出方法をご紹介します。

ハリオ V60の構造と特徴

このドリッパーの最大の特徴は、湯抜けが良いことです。ハリオ V60は中央に空いた1つの大きな穴と、そこへ向かって伸びる長いリブを持ちます。スパイラルリブと呼ばれるこの構造は、側面方向からの湯抜けを促します。大きなひとつ穴は面積も広く、抽出液がスムーズに落ちていきます。

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61qUyrAf8BL._SL1000_.jpg

 

この構造が最適な抽出環境を作り、過抽出を防ぎながらコーヒーのおいしさを引き出していきます

 

素材もいろいろ。豊富なラインナップ。

使われている素材もさまざまで、「プラスチック」「セラミック(陶器)」「耐熱ガラス」「金属(銅製)」の4種類。それぞれの特徴はと言うと、

プラスチック:価格が安価で入手しやすい。とりあえず欲しい方にオススメ。

陶器 セラミック保温性が高く、湯温が安定します。ただ、陶器製はリブの高さに個体差が出るようです。複数個で抽出を行う場合、細かい差が出る可能性があります。

耐熱ガラス保温性が高く、内部が見えるため抽出を演出できます。デメリットとしては、温まるまで時間がかかります。抽出前の十分お湯をかけ、温めましょう。

金属 銅製熱伝導性に優れるため、湯温の精度が高く抽出が安定します。しかも丈夫で割れません。1番オススメですが、1番高いです。

 

ハリオ V60の味わいの特徴

一時期どのコーヒーショップでも使われていて、今でも人気の高いこのドリッパー。味わいの特徴は「直線的で、香味の筋がわかりやすい」「素直でわかりやすい味わい」「スッキリとした味わい」です。

個人的な感想を言わせていただければ、他のドリッパーに比べて複雑性が劣り単調な味わいになりやすいと思います。

その一方で香味の筋、フレーバーが分かりやすく表現できる良さもあります。浅煎りのコーヒーをハリオ V60で抽出する方が多いのは、このためだと思います。

重要なのは、そのドリッパーで自身の作りたい味わいを表現できるかどうか、です。

 

ハリオ V60のメリット

一番のメリットは湯抜けに良さです。コーヒー豆の粒度を適切に設定すれば、過抽出になることまずないかと思います。スッキリとした味わいを表現しながら、コーヒー本来のフレーバーを引き出すことができます。

 

ハリオ V60のデメリット

デメリットは、注湯方法によって味わいが変わりやすいことです。簡単に言うと「お湯の注ぎ方で味わいがブレやすい」のです。

湯抜けが良いと言う事はお湯とコーヒーが接する時間が短いと言う事です。透過式ドリッパーであるハリオ V60は、ドリッパー内にお湯を維持できません。これらの理由より、お湯の掛け方が一定でないと味わいがブレてしまいます。

実は、ハリオ V60はお湯の掛け方に慣れた方、中級者向けのドリッパーなのです。ハンドドリップを始めたばかりの方は、お湯の掛け方が不安定なため、味わいがブレやすい恐れがあります。

 

まとめ

ハリオ V60は・・・

・スッキリとした味わいで、香味やフレーバーがわかりやすい。直線的な味わい。

・湯抜けが良く、過抽出になりにくい。

・お湯の掛け方が安定しないと、味わいがブレやすい。中級者向けドリッパー。

 

特に明るくはっきりしていて、スッキリしたコーヒーが好きな方におすすめです!!

ぜひドリッパー選びの参考にしてください!