コーヒーレシピ

フレーバーは湯温調節がポイント。浅煎りコーヒーのドリップレシピ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浅煎りコーヒーはお湯の温度でフレーバーが開く

浅煎りのコーヒーは果実味や酸質を楽しむことができ、豆の産地・品種・精製方法が生み出すフレーバーを存分に楽しむことができます。

 

この浅煎りコーヒーのハンドドリップでポイントとなるのが、お湯の温度です。

お湯の温度を適切に保つことで、コーヒーが持つ本来のフレーバーを引き出すことができるのです。

 

浅煎りコーヒーの湯温は93度以上がおすすめ

浅煎りコーヒーをハンドドリップする場合、93度以上が目安になります。これは深煎りのコーヒーと比べると、比較的高い温度です。

 

浅煎りのコーヒー豆は、深煎りよりも密度が高く、硬い傾向にあります。

そのため、コーヒーの成分が抽出されづらいのです。

 

お湯の温度を高くすることによって成分抽出の効率を高め、フレーバーを引き出します。

 

ただし、ロースターさんによっておすすめするお湯の温度は変わってきます。

コーヒーギークでは93度がおすすめですが、ロースターさんによっては95度や96度、90度などなど、まちまちです。

 

コーヒー豆を購入する際には、スタッフの方にお湯の温度を確認してみましょう。

 

 

浅煎りコーヒーのハンドドリップおすすめレシピ

それでは、さっそくおすすめレシピを紹介します。

必要なもの

  • コーヒードリッパーとペーパーフィルター
  • コーヒーサーバー(無ければマグカップでもOK)
  • コーヒースケール(無ければキッチンスケールとスマホのストップウォッチ)
  • ドリップケトル
  • 浅煎りコーヒー豆20g 中挽き
  • 温度計

 

ハンドドリップレシピ

① 1投目  蒸らし

45gのお湯をコーヒーの表面全体へかけ、コーヒーが膨らみ切るまで蒸らす。蒸らし時間は25秒くらいが目安です。

 

② 2投目

65g(合計の湯量が110gになるように)のお湯をドリッパーの全体へ、ゆっくりと注ぎます。円を徐々に広げていくように注いでください。2投目を注いでから25秒後に3投目を注ぎ始めます。

 

③ 3投目

60g(合計の湯量が170gになるように)のお湯をドリッパーの全体へ、ゆっくりと注ぎます。3投目を注いでから30秒後に3投目を注ぎ始めます。

 

④ 4投目

50g(合計の湯量が220gになるように)のお湯をドリッパーの全体へ、ゆっくりと注ぎます。

 

⑤ ドリッパー内のお湯がすべて落ちきる前に、ドリッパーをサーバーから外します。合計で2分30~35秒で、ドリッパー内に少しお湯が残っているくらいがちょうどいいです。ドリッパー内のお湯がなくなったとき、コーヒーの表面が平らになっているとベストです。

 

浅煎りの豆では、時折ペーパー詰まりを起こしてお湯の抜けが悪くなります。いつまでたってもお湯が落ちない場合は、挽き目を粗くし、湯温を3度ほど上げてみてください。

 

まとめ

浅煎りコーヒーをハンドドリップするポイントは、お湯の温度にあります。

  • お湯の温度は93度以上
  • ロースターさんによっておすすめの温度が違うので、豆を買うときに確認する。

 

ご家庭でハンドドリップをするときは、是非試してみてください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*