温度計なしでも大丈夫。工夫で楽しむハンドドリップ!

温度計なしでもハンドドリップを楽しむ方法

ハンドドリップでコーヒーを淹れるとき、温度はとても大切です。温度ひとつでコーヒーの味わいは大きく変わるため、バリスタの多くは温度計などで湯温を管理しています。しかし、ハンドドリップを始めたばかりの場合、手元に温度計がない方も多いのではないでしょうか。今回は、温度計なしでもハンドドリップを楽しむ方法をご紹介します!

 

なぜ温度が重要なのか

ハンドドリップでのお湯の温度は『コーヒーの濃度』『フレーバーの明るさ』『雑味』に大きく影響します。

温度が高いほど、コーヒー豆から多くの成分が引き出されます。高温ほど豆への浸透具合が良くなるため、成分の抽出効率が良くなるのです。そのため、湯温が高いほどコーヒーの濃度が高くなる傾向があります。

また、フレーバーの明るさにも影響します。温度が高いほどフレーバーは明るくなり、低いほど暗くなります。温度帯によってお湯に溶け出す成分に差が生じるため、フレーバーの明るさにも影響が出てきます。

温度が高すぎると、雑味を多く感じる傾向があります。高温ほど抽出効率が高いため、雑味の元となる余分な成分が抽出されてしまうのです。

美味しいコーヒーを作るためにも、最適な温度でハンドドリップをする必要があるのです。

 

ハンドドリップで最適な温度は?

最適な温度は焙煎度合いによって変えるのがおすすめです。推奨温度はロースターさんによって異なるため、コーヒー豆の購入先で美味しい温度を聞くのが一番です。

私の場合は、浅煎りを93度以上、深煎りを90度以下、で抽出しています。

浅煎りは豆質が硬く、抽出効率が悪い傾向があります。湯温を上げることで抽出効率を高め、浅煎りならではの明るいフレーバーを表現します。

深煎りは豆質が柔かい傾向があります。また、良質なロースト感を引き出すためには、比較的低い温度帯でじっくり抽出するのがおすすめです。ただ、温度が低すぎるとオイル感が出てしまうことがあるので、低すぎも注意。87度から90度あたりが良いです。

 

温度計なしでハンドドリップを楽しむ方法

沸かしたてのお湯を使うと、先述の通り雑味の一因になります。一番大切なことは、沸かしたてのお湯を使わないこと、です。

私のおすすめの方法は、

①お湯を沸かす。

②お湯をドリップケトルに移す。←①とは別のもの

③ハンドドリップをする。

です。お湯を沸かすケトルとドリップ用のケトルは別々にして、沸騰したら移し替えます。移し替えるとお湯の温度がほぼ適温まで下がってきます。冬場は移し替える際、温度が下がり過ぎてしまうため、あらかじめドリップケトルを湯煎しておくといいかもしれません。

浅煎りの場合は、一度移し替える。深煎りの場合は、二度移し替えてハンドドリップすれば、だいたい適温になります。

 

手元にアイテムがそろっていなくても、ちょっとした工夫でハンドドリップを楽しむことができます。ぜひ一度試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です