ハンドドリップでカリタウェーブをオススメする3つの理由

ご家庭でコーヒーを作るとき、ペーパーフィルターでのハンドドリップをされる方も多いかと思います。

ペーパーフィルターはその名の通り、コーヒー豆の抽出液を紙で濾して、コーヒードリンクを作ります。

紙の質や種類にもよりますが、フレンチプレスやメタルフィルターに比べ、一般的にはクリアですっきりとした味わいになります。

 

ここで問題なのが、どのドリッパーを使うか? ということ。

ペーパーフィルター用のドリッパーだけでも、種類はとても多く、選ぶのも一苦労。

形状も円錐形や台形、抽出の穴の大きさや数もそれぞれです。

 

 

ハリオのV60、カリタの3つ穴ドリッパーやコーノの名門ドリッパー・・・。迷う!

結局何がいいの? とお悩みの方には、是非とも「カリタウェーブ」をおススメしたいです。

 

カリタウェーブを勧める3つの理由

カリタ製のカリタウェーブ。特徴は、平らな底と3つの穴、ペーパーフィルターに20個のウェーブ。

Coffee GEEKでは、メインのドリッパーにカリタウェーブを使用しております。

このドリッパーをオススメする理由は、次の3つです。

①蒸らしの感覚がつかみやすい

②過抽出を防ぐことができる

③雑味やエグミを防げる

 

①蒸らしの感覚がつかみやすい

ハンドドリップで最も重要なテクニックのひとつが、「蒸らし」です。

挽いたコーヒー豆にお湯を浸透させて、抽出効率を向上させるために行います。

コーヒー豆は焙煎後、二酸化炭素を多く放出します。

この二酸化炭素は、抽出液の雑味等の一因となるため、蒸らしによって外へ逃がす必要があります。

 

また、コーヒー豆の中へ湯を浸透させることで乾燥した組織を広げ、水溶性の成分を溶け出しやすい状態にします。

これにより、抽出効率が上がるのです。

 

そしてこのカリタウェーブは、蒸らしやすい

ドリッパーの底が平らなため、湯をかける表面積が広く、コーヒーの粉の高さが他の円錐型ドリッパーに比べ低くなります。

これにより、すべてのコーヒーの粉へ湯をバランスよく、均等にかけることができます。

お湯をどこにかけ、どこまで浸透したか、イメージがしやすいです。

蒸らしのバラツキを抑え、適切な抽出効率を引き出すことができるのです。

 

茶色部分はコーヒーの粉

同じ粉量でも、高さと表面積が違います

 

②過抽出を防ぐことができる

過抽出はコーヒー豆の成分を抽出しすぎてしまい、収率・濃度が濃くなり、雑味やエグミが多く出てしまう状態です。

適切な成分抽出により、コーヒーはよりおいしくなります。

 

抽出穴がひとつの円錐型ドリッパーでは、コーヒーの粉を通過した抽出液が最後に一か所に集まります。

そのため、湯がコーヒーの粉を通過する後半に過抽出を引き起こしやすい原因となります。

慎重で、お湯をゆっくりかける方には特にこの傾向があるようです。

 

一方、カリタウェーブの底には、均等に3つの穴が設置してあります。

大きさは2.5㎜。

この配置により、抽出液が偏ることなく均等にコーヒーの粉を通過し、過抽出を防いでくれます。

底に3つの丸穴

 

③雑味やエグミを防げる

抽出の後半は、コーヒーの雑味やエグミ等、ネガティブな成分が出やすいと言われています。

適切な濃度を保ちつつ、雑味・エグミを出さないのがベストです。

 

カリタウェーブは、ペーパーフィルターに20個のウェーブがついています。

これにより、ドリッパーとペーパーフィルターの間にすき間を作り、お湯がドリッパーをつたってコーヒーの粉から逃げてしまうのを防いでいるのです。

このウェーブ構造をうまく利用し、コーヒーを美味しく仕上げる方法があります。

 

それは・・・

 

抽出後半にウェーブの隙間にお湯をかける! です。

そうすることで、お湯をかける際のコーヒーの粉の攪拌(お湯をかけると粉が湯の中を動き回ります)を防ぎ、抽出効率を下げることができます。

 

抽出前半は蒸らしにより抽出効率を上げて美味しさを十分に引き出し、後半に抽出効率を下げて雑味を防ぐ、合わせ技です。

 

毎年恒例のバリスタの競技大会のひとつである、JAPAN BREWERS CAP(ジャパンブリュワーズカップ)の2016年大会でも、この方法を使って抽出をするバリスタさんがいらっしゃいました。

ストレスなく、成分を抽出するのに役立つようです。

 

 

とってもオススメなドリッパー、カリタウェーブ。

ドリッパー選びにお悩みの方は、是非とも一度お試しください!