おすすめコーヒードリッパー!≪カリタウェーブ≫をオススメする3つの理由

ドリッパー選びにお困りな方には≪カリタウェーブ≫がおすすめです

ご家庭でコーヒーを作るとき、ペーパーフィルターでのハンドドリップをされる方も多いかと思います。

ペーパーフィルターはその名の通り、コーヒー豆の抽出液を紙で濾して、コーヒードリンクを作ります。

紙の質や種類にもよりますが、フレンチプレスやメタルフィルターに比べ、一般的にはクリアですっきりとした味わいになります。

 

ここで問題なのが、どのドリッパーを使うか? ということ。

ペーパーフィルター用のドリッパーだけでも、種類はとても多く、選ぶのも一苦労。

形状も円錐形や台形、抽出の穴の大きさや数もそれぞれです。

 

 

ハリオのV60、カリタの3つ穴ドリッパーやコーノの名門ドリッパー・・・。迷う!

結局何がいいの? とお悩みの方には、是非とも「カリタウェーブ」をおススメしたいです。

 

カリタウェーブを勧める3つの理由

カリタ製のカリタウェーブ。特徴は、平らな底と3つの穴、ペーパーフィルターに20個のウェーブ。

Coffee GEEKでは、浅煎りコーヒーのドリッパーにカリタウェーブを使用しております。

このドリッパーをオススメする理由は、次の3つです。

①蒸らしの感覚がつかみやすい

②美味しい成分を効率よく引き出せる

③味わいのブレが少ない

 

①蒸らしの感覚がつかみやすい

ハンドドリップで最も重要なテクニックのひとつが、「蒸らし」です。

挽いたコーヒー豆にお湯を浸透させて、コーヒーの成分を効率的に抽出させるために行います。

コーヒー豆の中へ湯を浸透させることで乾燥した組織を広げ、水溶性の成分を溶け出しやすい状態にします。

 

また、コーヒー豆は焙煎後、二酸化炭素を多く放出します。

この二酸化炭素は、抽出液の雑味等の一因となるため、蒸らしによって外へ逃がす必要があります。

 

これにより、成分抽出の効率が上がるのです。

 

そしてこのカリタウェーブは、蒸らしやすい

ドリッパーの底が平らなため、湯をかける表面積が広く、コーヒーの粉の高さが他の円錐型ドリッパーに比べ低くなります。

これにより、すべてのコーヒーの粉へお湯をバランスよく、均等にかけることができます。

お湯をどこにかけ、どこまで浸透したか、イメージがしやすいです。

蒸らしのバラツキを抑え、適切な抽出効率を引き出すことができるのです。

 

茶色部分はコーヒーの粉

同じ粉量でも、高さと表面積が違います

 

②美味しい成分を効率よく引き出せる

底に3つの丸穴。直径2.5mm

カリタウェーブはドリッパーの底が平らで、小さい穴が3つ、外側にバランスよく配置されています。

この配置が、コーヒーをより美味しくさせる秘訣なのです!

 

大きな一つ穴が空いている円錐形ドリッパーは、お湯を注いだそばから下へ下へと落ちていきます。

こういったドリッパーは透過式ドリッパーと呼ばれ、お湯とコーヒーが触れ合っている時間が短いためすっきりした味わいになる傾向があります。

一方、カリタウェーブは、穴が外側に空いています。

お湯を中心に注ぐとそのまま落ちずに、一度ドリッパー内に行き渡り、自然落下していきます。

そのため、お湯とコーヒーが触れ合う時間が長くなる傾向があるのです。

この構造によって、おいしい成分を余すところなくしっかりと抽出できます。

特に、成分抽出の効率が悪くなりがちな浅煎りコーヒーにおすすめなドリッパーです。

 

③味わいのブレが少ない

お湯のかけ方ひとつで味わいの調整ができるハンドドリップは、アレンジする楽しみがあります。

しかしその一方、お湯のかけ方が一定でない初心者の方にとっては、味わいがブレてしまう恐れがあるのです。

 

そこでカリタウェーブの登場です。

カリタウェーブの穴の大きさは2.5mmと小さく、外側に配置されている構造も相まって、いくらかお湯の注ぎ方がぶれてしまっても、お湯の落ち方はほぼ一定になります。

お湯のかけ方が乱れても、落ち方のブレが小さいため味わいも一定になります。

初心者の方にも安心して楽しめるおすすめなドリッパーです。

 

まとめ!

浅煎りコーヒーをハンドドリップするとき、おすすめなドリッパーが『カリタウェーブ』。

初めての方からプロフェッショナルまで、幅広く扱いやすいコーヒードリッパーです。

ドリッパー探しにお悩みの際は、ぜひご参考にしてみてください。