ザックリ解説!コーヒードリッパーの特徴。

コーヒーを淹れるアイテムは星の数ほどあります。

形や大きさ、値段やコーヒーの味わいまでさまざまで、お気に入りを探すのも一苦労です。

今回は、コーヒーを淹れるための抽出アイテムをザックリとご紹介します!

 

大きく分けると3種類

コーヒーの抽出アイテムは大きく分けると3種類です。
① お湯にコーヒーを一定時間漬け込む浸漬式
② ハンドドリップで使用され、お湯をかけながら抽出を行う透過式
③ 浸漬式と透過式の両方が可能なハイブリッドタイプ

それぞれの特徴は次の通りです。

 特に変わってくるのが、コーヒーに含まれるオイルの量です。コーヒー豆にもともと含まれているオイル分で、ハンドドリップ→エアロプレス→フレンチプレスの順で多くなります。コーヒーオイルの量で、舌触りなどの質感や味わいが変わってきます。オイルが多いほど、滑らかな質感やしっかりした味わいが楽しめる傾向があります。

〔 浸漬式 〕は、コーヒーを漬け込むだけの簡単仕様です。忙しいときでも気軽にコーヒーを作れます。一度に多くの量を作れるものもあります。

〔 透過式 〕はハンドドリップで主に使われます。美味しく仕上げるにはコツが必要ですが、コーヒーを楽しむ醍醐味を感じられます。

〔 ハイブリッドタイプ 〕のエアロプレスは、使い方次第でコーヒーの味わいを自由に作れる優れものです。

 材質や大きさによって価格帯もまちまちです。いろいろと特徴はありますが、見た目が良くて自分の好みにしっくりくるのが一番いいです。お気に入りを探してみましょう!