≪中深~深煎りにおすすめ≫ ハンドドリップレシピ

≪ 必要なもの ≫

・コーヒー豆:20g 中細挽き

・湯量:210g、湯温は90度がおすすめです。

 

≪ おすすめドリッパー ≫

・コーノ式名門ドリッパー    ←特におすすめ!!

・ハリオV60

このレシピでは“円錐形ドリッパー”がおすすめです。

 

≪ レシピ ≫

① 1投目  蒸らし

25~30gのお湯をコーヒーの表面全体へかけ、コーヒーが膨らみ切るまで蒸らす。蒸らし時間は25秒くらいが目安です。

☆ ここでポイント! ☆

飲み頃のコーヒー豆はガスを多く含んでいて、お湯をかけるとよく膨らみます。膨らみ切ったときが蒸らし完了の合図です。豆の様子を見ながら美味しいタイミングを探しましょう。

 

② 2投目

180~185g(合計の湯量が210gになるように)のお湯をドリッパーの中心へ、蜜を垂らすようにゆっくりと注ぎます。

1分35秒~40秒くらいで抽出が完了するとベストです。

 

☆ ここでポイント! ☆

ドリッパーの穴の大きさが、お湯をかける範囲の目安です。円錐形ドリッパーは大きな一つ穴が空いています。その穴の大きさと同じくらいの範囲で、円を描きながらゆっくりお湯を注ぎましょう。

円錐形ドリッパーをお持ちでない場合は、直径2㎝くらいの円を意識してください。このレシピで大切なのは、コーヒー豆をお湯で満たすようにゆっくり注ぐことです。

 

ドリッパー内のお湯がすべて落ちきる前に、ドリッパーをサーバーから外します。お湯を注いだ時に浮かんでくる泡は雑味を含んでおり、美味しくありません。泡が落ちきる前に、ドリッパーを外します。

 

注いだお湯が落ちきった後、ドリッパーに沿って同じ厚みのコーヒーの層(濾過層)ができていると、美味しく抽出できた印です。丁寧に作ると、一層美味しくなります。

 

深煎りのコーヒーに酸質を表現しやすい円錐形ドリッパーを使用することで味わいに奥行きを持たせます。

苦味だけではなく、酸質とのバランスも大切なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です