深煎りにおすすめ!『コーノ名門ドリッパー』

深煎りの抽出におすすめです!

しっかりとした苦みや複雑さが楽しめる深煎りのコーヒー。

その抽出におすすめなドリッパーが、『コーノ名門ドリッパー』です。

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51j7yjjAujL._SL1000_.jpg

・難易度:★★★★☆

・コスト:★★☆☆☆

・おしゃれ度:★★☆☆☆

・こだわり度:★★★★☆

ドリッパーの底に大きな一つ穴。リブが先端に付いています。

 

 ココがすごい!! 

酸質を出しやすい円錐形ドリッパー。深煎りで使用することで苦味だけでなくさまざまな香味を表現でき、味わいに奥行きが出ます。

 

 ココがすごい!! 

 リブが付いているのは、ドリッパー先端のみです。この形状によりコーヒー豆に効率的にお湯が通り、味わいの奥行きと甘みを引き出します。

リブの無い上部分はコーヒーをお湯に漬け込んだ浸漬式抽出と同じ状態になります。

つまり、コーノ名門ドリッパーは浸漬式と透過式を合わせ持ったハイブリッドなアイテムなんです!

そのため、円錐形ドリッパー特有の透明感ある酸質と浸漬式ドリッパーの特徴であるロースト感を表現しやすいのです。

 

 使い方のコツ 

 ドリッパーの中心へ円を描くようにお湯をかけるのがポイントです。抽出が終わったとき、ドリッパーの壁面側に同じ厚みの濾過層ができていれば、均一な成分抽出ができています。

 

深煎りを美味しく作るためには、意外にも苦味と酸質とバランスをとることが大切なんです。

ただ苦いだけでは美味しくありません。

コクや奥行きを持ったコーヒーは良質なアフターフレーバーを作り、いつまでも美味しく飲めるのです。

 

コーノ名門ドリッパーぜひお試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です